レンジで、ゆで卵を作る方法(アルミホイルなし)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レンジでゆで卵(アルミホイルなし)ゆで卵
スポンサーリンク
スポンサーリンク
材料
×1
小さいコップ

スポンサーリンク

【アルミホイルなし】ゆで卵をレンジで作る方法・手順

①卵を割って、黄身と白身を分離する。

卵の黄身と白身の分離

②白身を箸でかき混ぜる

白身をかき混ぜる

③レンジで50秒ほどチン!

レンジでチン

④完成!

アルミホイルなしで、ゆで卵完成

スポンサーリンク

【アルミホイルなし】ゆで卵をレンジで作る方法・解説

通常は卵をそのままレンジで温めれば、この動画のように破裂します。電子レンジは食べ物に含まれる水分子をマイクロ波によって振動させて、摩擦熱を発生させることにより加熱させています。

卵の場合は、まず水分量や密度の高い中心部分の黄身が最初に加熱します。また卵の白身はドロっとした状態です。なので電子レンジで温めた時は対流が起きずに、一部分だけが加熱されてしまいます。当然殻があるので水蒸気の逃げ場がなく、破裂をするといった仕組みなのです。

ちなみに対流とは流体(気体と液体)が移動することで熱が伝わる方法です。ではなぜ、今回私が紹介する方法では破裂をせずに、ゆで卵を作ることができるのでしょうか??

卵の黄身と白身の分離
白身をかき混ぜる

その要因となっているのは、手順の①と②の、黄身と白身を分離して、白身をかき混ぜることです。

先ほども言及しましたが白身はそのままだと、ドロっとしています。このままだと一部分だけが加熱されてしまい結果として、殻を突き破って破裂してしまうんです。

そこで手順の②にあるように、そもそも殻をなくしてしまい、ドロっとしてる白身をサラサラになるまでかき混ぜるのです。こうやって白身をサラサラにすることにより、対流がおきやすくなるようにするのです。

いちお600wで50秒前後なら、破裂には耐えられます。ただ、あまりに長い時間の加熱は注意が必要です。


まとめ

この方法は少し見た目が悪いのですが、通常のゆで卵を作る方法が10分ほどかかるのを考えたら、レンジで50秒は超速だと思います。全く見た目を気にしないのであれば、常にこの方法でゆで卵を作るのも良いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アルミホイルを電子レンジで使ってはいけない理由

また、この他にもアルミホイルを使って、ゆで卵を作る方法があるのですが、いちお安全であるとはいえ、放電現象のリスクは常に考えないといけません。なので、レンジでゆで卵を作るのなら、こちらの方が安全で素早く作れるのかなと思います。

ちなみにコップの種類なのですが、なるべく幅がせまく底の深いコップを使うと良いです。あまりにも浅いと加熱してる際に溢れてくるので、そこだけは注意してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆで卵
shigureをフォローする
プロフィール
このブログの管理人です

Webライター/Webデザイナー。ダイエット歴10年。保有資格:日商簿記2級。

2021年4月に開設した当ブログも、月間4万PVを達成しました。これからも精進してまいります。

shigureをフォローする
Shigure Factory

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました