アルミホイルを電子レンジで使ってはいけない理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク
電子レンジ料理
スポンサーリンク
スポンサーリンク

電子レンジでゆで卵を作る方法など、一部電子レンジでアルミホイルを使っても良い調理法が存在します。なのでマフィンやポテトサラダなど、アルミカップに乗った料理がありますが、間違ってもそのまま電子レンジで温めようとは考えないでください。電子レンジでのアルミホイルの使用は、基本的にはNGです。では、いったいなぜダメなのか、ほんの少し説明します。


【電子レンジ・アルミホイル】電子レンジの加熱の仕組み

電子レンジはマイクロ波と呼ばれる電波を発生させています。このマイクロ波が『食品に含まれる水分子を激しく振動させ、その結果として熱が発生し食品が温まる』というのが電子レンジ加熱のざっくりとした仕組みです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

【電子レンジ・アルミホイル】マイクロ波とアルミホイルの関係

アルミホイルはアルミニウムという金属を薄いシート状に伸ばしたものです。金属は電波を反射する性質があります。金属の表面には電子が存在するので、これがマイクロ波によって激しく動きまわるのです。激しく動き回る電子のうち、暴走する電子も出てきます。

アルミカップに入ったマフィンやスイートポテトをそのまま電子レンジで温めて、「バチっ」とした音や火花を見たなんて言う人がいます。あれは、マイクロ波によって暴走した電子が他の物体に飛び移る、いわゆる『放電』の現象を目撃したことになります。


【電子レンジ・アルミホイル】電子レンジでアルミホイルが使えるケース

アルミホイル使用可の電子レンジ

最近では解凍機能のある電子レンジがアルミホイル使用可となっていたりします。あれはマイクロ波の放射量が少ないためです。ただ肉などの食品をまるごとアルミホイルで覆うのには注意が必要です。マイクロ波の放射量が少なくても、放電のリスクはあります。アルミホイル使用可でも、一部覆う程度に止めるのが良いです。

また電子レンジにはオーブン機能やトースター機能を同時に備えているものがあります。オーブンやトースターはマイクロ波を放射しないのでアルミホイルが使えます。

しかし、ボタンの押し間違えで、例えば『オーブンの機能を本来は使うのに電子レンジのボタンを押してまい、放電現象が発生して火がついてしまった』なんてことは、寝ぼけていたりしたらありえる話なので、特に注意は必要だと思います。


電子レンジでゆで卵を作る

電子レンジでゆで卵。アルミホイルに包んだ卵を水につけ、ふわりとラップをかける。

レンチンで、ゆで卵を作る方法(アルミホイルあり)

卵をアルミホイルに包んで電子レンジでゆで卵を作る方法は、をアルミホイルで包みマイクロ波をあてるものの、アルミホイルに包んだ卵を水にしっかりつけてラップまでかけます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大雨の日に衛星放送の映りが悪くなったなど、経験のある人がいるかと思いますが、あれは水がマイクロ波を吸収しているのが原因です。電子レンジで、ゆで卵を作る方法は、その水の性質を利用しています。なので電子レンジにアルミホイルを入れはするものの、放電現象を回避することが可能なのです。


お酒の燗酒(かんざけ)や茶碗蒸しの蓋などにアルミホイルを使う

お酒の燗酒(かんざけ)や茶碗蒸しの蓋などは、金属が電波を反射する性質を利用して、食品の加熱をコントロールするためです。なので電子レンジのメーカーによってはOKにしているケースはあります。ただ、アルミホイルの蓋にしわやギザギザなどがあったりすると、それが放電の原因にもなったりします。電気は突起した部分に集まりやすいからです。


まとめ

基本的には電子レンジでアルミホイルを使うのは控えましょう。使うにしても細心の注意を払ってください。また電子レンジでアルミホイルを使う時は、電子レンジの壁面と金属部分の距離にも注意してください。あまりに近いと放電がおき、最悪電子レンジが壊れてしまうかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
料理
shigureをフォローする
プロフィール
このブログの管理人です

Webライター/Webデザイナー。ダイエット歴10年。保有資格:日商簿記2級。

2021年4月に開設した当ブログも、月間4万PVを達成しました。これからも精進してまいります。

shigureをフォローする
Shigure Factory

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました