マヨネーズ

スポンサーリンク
マヨネーズ

【調味料・マヨネーズ】大さじ1杯、12gあたりの栄養成分

エネルギー:84kcal

たんぱく質:0.18g

脂質:9.04g

炭水化物:0.54g

参考:カロリーSlism


スポンサーリンク

【調味料・マヨネーズ】マヨネーズとは?

マヨネーズは、食用油・酢・卵を主材料とした半固体状ドレッシングです。卵は卵黄のみ使用するものと全卵を使用するものあり微妙に味が違います。

卵黄型マヨネーズ:コクがあって、しっかりした味が特徴で、原材料に『卵黄』と表記されてる。

全卵型マヨネーズ:すっきりとクリーミーな味が特徴で、原材料に『卵』と表記されてる。


【調味料・マヨネーズ】マヨネーズの種類によって、使い分けよう

卵黄型マヨネーズ

しっかりした味がついているので、野菜のマヨディップや、たまごサンドなど、マヨネーズの味を楽しみたい時に使うと料理が美味しくなります。


全卵型マヨネーズ

スポンサーリンク

すっきりした味なので、料理のベースに使うのがベストです。炒め物のベースやマヨサラダなどに使うと、他の素材の味を殺すことなく、良いサポート役になります。


【調味料・マヨネーズ】まとめ

マヨネーズは色々な料理に使えます。ただ、マヨネーズの約70%は脂肪であり、高カロリーなんですね。食用油が主成分で、悪玉コレステロールを溜め込んでしまうトランス脂肪酸が多く入っている食用油を使っている場合は、あまり健康に良く無い食品と言えます。

なので健康というものを第一に考えるなら、えごま油やアマ二油などを使っているマヨネーズを使えば、トランス脂肪酸の摂取を低く抑えることが可能なので、少し注意してみるのもアリです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。