ブロッコリーの栄養は冷凍してもバッチリなのか?

スポンサーリンク
冷凍ブロッコリー

コンビニやスーパーで見かける冷凍ブロッコリー。生のブロッコリーと比べると栄養は落ちそうなイメージがします。しかし実際はどうなのでしょうか?今回はそんな冷凍ブロッコリーについて解説してみます。


【冷凍ブロッコリーの栄養】冷凍と生のブロッコリーの違い

「コンビ二やスーパーで売られている冷凍野菜は栄養素がない」といった意見があります。確かに水に溶けやすい水溶性ビタミンやミネラルなどが下茹でなどの工程で流れてしまうなど、それが原因で生ブロッコリーよりも冷凍ブロッコリーの方が栄養素は劣ってしまいます

しかし、近年では冷凍する際に熱湯や蒸気を使って短時間で下茹でして蒸すといった、ブランチング処理技術など冷凍加工技術の向上により、市販の商品であれば栄養素は、ほとんど生野菜と変わらない状態です。なので市販のブロッコリーを買ってさえしまえば、栄養素の問題は、それほど気にする必要はありません。


スポンサーリンク

【冷凍ブロッコリーの栄養】冷凍ブロッコリーの利点

生ブロッコリーは新鮮なだけに栄養素も豊富です。ただしビタミンCなどを見ると、1週間も冷蔵庫に入れっぱなしにしてると、どんどん栄養が減少していきます。ある研究では『ピーク時から30%も減少する』といった報告もあるくらいです。

しかし、冷凍ブロッコリーであれば生ブロッコリーには劣るものの、ブランチングなどの技術のおかげで1週間経っても栄養素に変化が無いんですね。

生ブロッコリーよりも市販の冷凍ブロッコリーの方が、保存も効きますし鮮度も保たれます。あまり買い物をしなくても良いのは、例えばダイエットなどでも重要な要素です。冷凍ブロッコリーの上手な使い方ができれば、ダイエットの成功率も上昇するでしょう。


【冷凍ブロッコリーの栄養】冷凍ブロッコリーは、どのような調理法が1番良いのか?

冷凍ブロッコリーであっても常温解凍したり茹でてしまえば、ブロッコリーの栄養素が流れてしまいます。茹でて栄養素が流れてしまう問題は、ブロッコリースプラウトも同じです。

関連記事:食べて痩せられる?ブロッコリースプラウトダイエットについて解説します

電子レンジであまりにも熱を加えすぎれば、ビタミンCが壊れてしまうこともあります。なので「冷凍のまま調理する」が最適解です。これが最も栄養ロスが少ないです。冷凍のまま炒めたり煮込んだりすれば、解凍のタイミングで流れるブロッコリーの栄養素を料理の中に入れることが可能になるのです。


【冷凍ブロッコリーの栄養】冷凍ブロッコリー、おすすめメニュー

ブロッコリーと肉

これは豚肉とパスタとブロッコリーをマスタードソースで和えたものです。肉と合わせるのは王道です。豚肉も非常に良いのですが、これが鶏胸肉の蒸し鶏などを使うと、よりヘルシーでダイエット向きなメニューになります。


ブロッコリーと魚

こちらはシーバスと野菜のグリルです。ブロッコリーと魚の組み合わせはヘルシーです。このメニューは、これだけでダイエットに理想的なメニューだと思います。毎日このメニューを食べるとなると魚を焼くのが最初は手間だとは思います。しかし、焼いた魚をラップに包んでジップロックなどに入れて冷凍保存すれば約1ヶ月は保存できるので、毎日食べる用のダイエットメニューとしてチョイスしても良いかもしれません。


ブロッコリーとスープ

クリーム系のブロッコリースープです。こちらはブロッコリーをミキサーにかけたりクリームを入れたり、つくるのに手間がかかるのですが、スープとブロッコリーの相性は抜群です。ダイエット目的の人で毎日ブロッコリースープを飲みたい人は、クリームではなくブロッコリーのコンソメスープが良いかもしれません。水を入れてコンソメを入れて冷凍ブロッコリーを入れて、あとお好みでウインナーなどを入れて煮込むだけです。


【冷凍ブロッコリーの栄養】まとめ

以上、冷凍ブロッコリーの栄養について解説してみました。昔は冷凍ブロッコリーは新鮮なものをスーパーなどで買ってくるのが、ダイエットの基本でした。しかし、近年では技術の向上により事情が変わってきました。市販の冷凍ブロッコリーでも、ダイエットで十分活躍してくれます。

スポンサーリンク

新鮮な生ブロッコリーを買ってきて、それを凍らせる場合は電子レンジで加熱してから容器に入れて冷凍するのが良いでしょう。それが1番栄養が失われずに済みます。ただし、家庭では市販の冷凍ブロッコリーのような冷凍加工技術は使えないので、『長期間保存をするなら冷凍ブロッコリー、数日で食べきるなら生ブロッコリー』などと使い分けをするのが良いと思います。

また冷凍ブロッコリーの調理法のところで少し書きましたが、なるべく冷凍のまま調理するのが栄養ロスが少ないです。ただし、ダイエットをやっている人は、毎日のことなので、冷凍のままブロッコリーを調理するのは面倒に思う人もいるかもしれません。

「いちいちフライパンを握るのは嫌」と言う人もいるでしょう。そのような人は温めすぎないよう注意するのであれば、電子レンジがオススメです。

私も蒸し鶏とブロッコリーのメニューを朝食べるようにしていますが、朝は時間も無くて調理が面倒なので電子レンジでチンしてスグに食べられるようにしています。その際は、やはり温めすぎないように注意しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。