【テラリア】トラップを極めてみよう!ゲームを面白くするTerraria(テラリア)のトラップいろいろ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テラリアトラップテラリア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PC、Android、iOS、PlayStationなどから登場してるサンドボックスゲームTerraria(テラリア)。このゲームの攻略法や楽しみ方について、少し語ってみたいと思います。今回のテーマはトラップ。

Terraria(テラリア) ではより効率的にアイテムを集めるために、あるいはより効率的にモンスターを倒すために、トラップを利用する方法があります。

少し検索すると、いろいろなトラップを考案している人がいるので、今回はそのいくつかを少し紹介してみたいと思います。


Terraria(テラリア) トラップその①:溶岩トラップ

Terraria(テラリア)において、モンスターを手持ちの武器のみで倒すのは、なかなかハードです。特にブラッドムーンフロストムーンなど、大量の敵が出現するイベントでは、トラップ(罠)は積極的に使うべきでしょう。

そこで特に使えるのが、この溶岩。プレイヤー自身もダメージを受けますが、敵にも継続的にダメージを与えることができます。地表などの特定のエリアに穴を掘って溶岩を流すだけで、溶岩トラップの完成です。

私のオススメは穴を掘って、バケツ2杯分くらいのうすい溶岩トラップがオススメです。溶岩は深い水溜りを作ってしまうと、せっかく敵をトラップで倒せても、アイテムが消滅してしまうことがあるので、私は薄く溶岩を引くのがオススメです。

※私が作った溶岩トラップをこちら>>>【テラリア】溶岩トラップ


スポンサーリンク

Terraria(テラリア) トラップその②:落とし穴Dartトラップ

Terraria(テラリア) では地下を探索してると、Dart Trapなどに引っかかってダメージを受けることがあります。

あれは地下探索の時は物凄く厄介です。しかしDart Trapは見つけ次第回収しておくことをオススメします。

Terraria(テラリア) においてDart Trap は、Timerなどと組み合わせることによって、とても有用なトラップ(罠)を作ることが可能です。

タイマーを押してからDartを連続して、自動的に発射し続ける仕掛けを作ることができます。

先ほど紹介した溶岩トラップと同様に、穴を掘ってその左右に Dart Trap を設置することにより、穴に落ちた敵がずっとダメージを受け続けるトラップを作成することが可能です。


スポンサーリンク

Terraria(テラリア) トラップその③:成金クラゲトラップ

Terraria(テラリア)では、お金を集めるために強敵を倒さないといけません。強敵を倒すのはワールドの奥深くまで探索しなければいけなかったり、もうそれだけでゲームオーバーのリスクは跳ね上がります。

しかし、Terraria(テラリア)では、それ以外にも、お金を稼ぐ方法があります。

それはクラゲを倒して、Jellyfish Necklace(クラゲのネックレス)をゲットすること。

Jellyfish Necklace(クラゲのネックレス)は売ると1ゴールドになります。テラリア序盤の金策には、うってつけなので、クラゲを見つけたら必ず狩ることをオススメします。

ただ、世界を探索してクラゲを狩るのは効率が悪いです。さらにクラゲが Jellyfish Necklace(クラゲのネックレス)をドロップする確率もそれほど高くありません。

そこでJellyfish Statue(クラゲの石像)と Timer を組み合わせて、クラゲが大量に出る仕組みを作ります。

私は大量に発生したクラゲを武器などで手動で狩っても良いのですが、私は小さい穴を作って、そこに薄い溶岩を引いて、自動的狩ってアイテムがゲットできる仕組みを作ることをオススメします。


Terraria(テラリア) トラップその④:トリュフのミミズ自動収集トラップ

Terraria(テラリア)のハードモードボス、Duke Fishron(フィッシュロン公爵)。彼を出現させたり金策のために大変有用なTruffle Worm(トリュフのミミズ)。

キノコのバイオームで出現することは知られていますが、その確率が極めて低いです。

そこで Truffle Worm(トリュフのミミズ )をゲットするためには、必ず キノコのバイオームを成形して、Truffle Worm(トリュフのミミズ )を自動的に収集できる仕組みを作るのがオススメです。

ハンマーで三角のハーフブロックを作ることで、Truffle Worm(トリュフのミミズ ) が押し出されて素早く所定の場所に運ばれる仕組みを作ることが可能です。

実はこのハーフブロック作戦、アイテムでも可能なので、このトラップはいろいろな場所で応用が可能です。

追記: 私はこの三角ハーフブロックを作ることで、なぜミミズやアイテムが素早く押し出される理屈が良く分かっていません。後日しっかり調べて、記事にしたいと思っております。

追記2:三角のハーフブロックを作ることで素早い移動を実現する、この方法はHoik(ホイク)と呼ばれる現象のようです。

ブロックとキャラクターなどの重なりが検出されると、それを素早く解決するためのゲームの機能です。

いわゆるバグ技なので開発元のRe-Logicはこれを直そうとしていたらしいですが、あまりにも Hoik(ホイク)の利用が盛り上がっているモノだから、1.3のアップデート以降は、テラリアの公式的な機能として認められたようですね。

Hoik Loop(ホイクループ)と呼ばれる私がDungeon Guardian(ダンジョンガーディアン)を討伐するために利用したHoikの応用例。
【テラリア・最強で最凶のモンスター】ダンジョン・ガーディアンはどうやって攻略するのさ!?

Terraria(テラリア) トラップその⑤:モンスターワープトラップ

Terraria(テラリア )ではハードモードに突入するとSteampunker(スチームパンカー)から、Teleporter(テレポーター)を買うことができます。このTeleporter実は自分も瞬間移動できますが、敵も瞬間移動できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このモンスターワープトラップでは、この「敵も瞬間移動できる」といった特性を活かして、落とし穴や道などにTeleporterを敷き詰めます。そして別の場所に溶岩Dart TrapSpiky Ball Trapなど、あらゆるトラップを設置した処刑部屋を用意して、そこにモンスターをテレポーテーションさせます。

そうするとあるエリアを通った敵は瞬間移動で、処刑部屋へ運ばれてそこで完全放置で敵を狩ることが可能です。

大きい敵は転送できないのですが、小さい敵は転送可能なので、フロストムーンやパンプキンムーンなどのイベントには特にオススメです。

テレポーターの使い方については、こちらの動画をどうぞ>>>【テラリア】以前に紹介したテレポーター PS4版 Terraria Ver.1.23


まとめ

以上 Terraria(テラリア )における、いろいろなトラップ(罠)を紹介してみました。まだまだ特殊なトラップは他にもありますが、その他のモノはこれらの複合のようなモノです。

例えばアイテム収集系なら、モンスターの石像やトリュフのミミズの自動収集トラップを組み合わせて、モンスターを自動的に倒しながら、自動的にアイテムが運ばれるような仕組みなど。

またモンスターを自動的に狩るタイプなら、一番最後に紹介したモンスターワープトラップは溶岩とDartの複合技とも言えるでしょう。

是非、今回紹介したトラップを参考にして、良きテラリアライフを楽しんでみてください。私もこれを機会に、さらにTerraria(テラリア )のトラップ(罠)をもっと極めてみたいと思いました。


【関連記事】

【テラリア】Terraria(テラリア)ボス・ゴーレムの倒し方いろいろ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テラリア
shigureをフォローする
プロフィール
このブログの管理人です

Webライター/Webデザイナー。ダイエット歴10年。保有資格:日商簿記2級。

2021年4月に開設した当ブログも、月間4万PVを達成しました。これからも精進してまいります。

shigureをフォローする
Shigure Factory

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました