仮想通貨ウォレットのおすすめや、種類や仕組みまで解説します

スポンサーリンク

仮想通貨の保管は「仮想通貨ウォレットを利用した方が良い」などと言われます。しかし、この仮想通貨ウォレットとはいったい何なのでしょうか?仮想通貨取引所のウォレットをそのまま使うのと何が違うのでしょうか?今回の記事では、仮想通貨ウォレットに関する素朴な疑問について、答えていこうと思います。


仮想通貨ウォレットとは何か?

仮想通貨ウォレットとは、その名の通り、仮想通貨の財布です。仮想通貨の保管や送金などの機能があります。機能面ではネット銀行と、ほぼ同じです。


仮想通貨ウォレットは、仮想通貨取引所のウォレットと何が違うのか?

仮想通貨ウォレットと仮想通貨取引所のウォレットの違いは何か??

まず仮想通貨を管理する方法は、「自分で秘密鍵を管理するか?」「仮想通貨取引所に預けて管理するか?」の2通りに別けられます。

よく仮想通貨取引所のウォレットと表現されるのが、仮想通貨取引所に預けて管理する方法です。仮想通貨取引所のウォレットはインターネット上で相場分析をして仮想通貨の売買をすることが、その主目的です。

証券会社の口座やFX業者の口座と同じです。『仮想通貨取引所のウォレット』と言う表現よりも、明確に『取引ツール』と言った方が正確かもしれません。

短期売買をする人は頻繁に売買をするので、必然的に『仮想通貨取引所のウォレット』にずっとお金を預けておくことになります。

仮想通貨はハッキングや仮想通貨取引所の倒産のリスクがつきまといますが、短期売買をする人はある程度、そのリスクを許容して日々の売買に挑まないといけないとも言えます。この点、長期投資をする方は、仮想通貨を購入して、自分で秘密鍵を管理するタイプの仮想通貨ウォレットを利用して、資産の安全を担保することができるので、それが長期投資家の方の最大のメリットのひとつであると言えます。


仮想通貨ウォレットの種類

自分で暗号鍵を管理するタイプの仮想通貨ウォレットは、大きく別けて『ホットウォレット』『コールドウォレット』の2種類のウォレットが存在します。


ホットウォレット

ホットウォレットを使う上でのリスク
『ホットウォレットとは何だろう?』の記事より

ホットウォレットとは、インターネットに接続されたタイプのウォレットです。『ウェブウォレット・デスクトップウォレット・モバイルウォレット』と3種類あります。インターネットに繋がっているため、どの場所でもどの端末でも利用することが可能な便利なウォレットです。インターネットに繋がり利便性が高い分、セキュリティリスクはあるので、その点だけは注意して使うべきでしょう。

ウェブウォレット

ウェブウォレット

Webブラウザで利用できるウォレットです。ブラウザを利用してるためPCでもスマホでもタブレットでも利用できます。ただ、保管場所がサーバー上なので、ここがハッキングを受けると自分の資産も簡単に盗まれてしまいます。

詳細記事:ウェブウォレットとは何か?

デスクトップウォレット

デスクトップウォレット

インターネット上からダウンロードし、アプリケーションを起動して自分のPCで、仮想通貨を保管するタイプのウォレットです。資産の保管場所がサーバー上から切り離された、自分のPCなのでホットウォレットの中では高いセキュリティを誇ります。

詳細記事:デスクトップウォレットとは何か?

モバイルウォレット

モバイルウォレット

スマホにアプリとしてダウンロードして利用するタイプの仮想通貨ウォレットです。こちらもデスクトップウォレットと同じで、サーバー上から切り離された、自分のスマホなのでネットに接続するホットウォレットの中では高いセキュリティを誇ります。

詳細記事:モバイルウォレットとは何か?


コールドウォレット

コールドウォレットの仕組み
『コールドウォレットとは何か』の記事より

コールドウォレットは、インターネットから遮断されたところで保管されるウォレットです。ハードウェアウォレットとペーパーウォレットの2種類があります。ホットウォレットとの違いは資産がオフラインの空間で保管されていることです。オフラインの空間に保管されているのでハッキングを仕掛けてくる攻撃者も、何か物理的なアプローチをしないと資産を盗むことは不可能です。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは秘密鍵を暗号化して管理するための専用デバイスです。取引や送金を行いたい場合には、パソコンと専用デバイスを接続し、インストールしたアプリを操作することで自分の保有する暗号資産にアクセスできます。

詳細記事:ハードウェアウォレットとは何だろう?

ペーパーウォレット

ペーパーウォレット アイキャッチ

ペーパーウォレットは秘密鍵と公開鍵(アドレス)をリアルの紙に印刷したものです。リアルの紙なので、ハッキングを仕掛ける攻撃者は物理的に盗みに来る以外ありません。ただペーパーウォレットの場合はリアルの紙なので保管の仕方が悪いと破けたり劣化する可能性があるので、保管にはひと工夫必要だったりします。

詳細記事:ペーパーウォレットとは何か?


スポンサーリンク

仮想通貨ウォレットの仮想通貨取引所のウォレットで、特におすすめなモノを紹介

仮想通貨取引所のウォレットは、資産の管理をすると言うよりも取引をするのが目的です。常時ネットに繋がっていますし、仮想通貨取引所で管理をしているのでセキュリティ面がどうしても気になってしまう人も多いでしょう。ただ、仮想通貨取引所であってもセキュリティ対策は入念に行っているところがあるんですね。ここでは、特におすすめな仮想通貨取引所を紹介します。

GMOコイン

GMOコインは顧客から預かったお金をインターネットから分離した場所で管理しています。いわゆるコールドウォレット管理。仮想通貨を移動するのに、コールドウォレットからGMOコインの複数部署の承認を経て、やっとホットウォレットに届くので堅牢な仕組みです。

またGMOコインのウォレットアプリにはノーマルモードとトレーダーモードがあります。ノーマルモードは基本的に仮想通貨の取引などはできず、販売所での購入か売却のみとなるのですが、簡単にトレーダーモードに切り替えることができます。

GMOは現物取引だけじゃなく証拠金取引にも対応しています。GMOは頻繁にトレードをしない、長期投資家の方にも対応した柔軟性の高い便利なウォレットを用意していると思うので、手始めにGMOを利用してみるのは良い選択だと私は思います。


DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは顧客専用のインターネットから分離したコールドウォレットを用意しています。顧客の資産の95%以上をコールドウォレットに保管するよう、毎営業日ごとに確認をしてコールドウォレットの運用をしています。

コールドウォレットからホットウォレットへの仮想通貨の移動も取締役も含めた複数部署の承認が必要です。二人体制で仮想通貨の移動作業を行うようにしているようです。

DMM Bitcoinもまた現物取引と証拠金取引に対応しています。DMM Bitcoinの場合、仮想通貨の取引が前提になる取引ツールしか用意はしていません。ただ現物取引に特化したモバイル取引ツール、そのアプリのSTモードは非常に便利で使いやすいです。

現物取引の場合、そう頻繁に売買はしません。なのでDMM BitcoinアプリのSTモードを使って、外出時にも値動きのチェックなど、そのような用途ではベストなアプリを提供していると私は思いました。

ちなみにDMM BitcoinのPC取引ツールの方は、FXや仮想通貨FXでおなじみのMt4やMt5に匹敵するくらい使いやすいツールです。なのでPCを使ってガッツリと短期売買をするなら、まずはDMM Bitcoinのツールを使うのも私は良いと思います。


仮想通貨ウォレットのウェブウォレットでおすすめなモノを紹介

ネット環境があれば、どこでも利用できるウォレット。それがウェブウォレットです。常時オンラインに接続しているため、セキュリティ面が心配されますが、それを脇に追いやっても良いほど利便性や独創性に富んだモノもあります。

MetaMask(メタマスク)

イーサリアムやイーサリアムをベースに発行された、ERC-20トークンを保管し管理できる仮想通貨のウェブウォレットです。ユニークなのがGoogleChromeのブラウザ拡張機能を使うんですね。もちろん、それだけではなくスマートフォンのアプリ版などもあります。

MetaMask(メタマスク)はNFTマーケットプレイスやNFTゲーム、DeFiサービスなど、イーサリアムに関連する様々なサービスで利用可能です。最近はNFTアートの取引が盛んです。NFTマーケットプレイスであるOpenSeaは、MetaMaskとの連携が可能なので、その関係で最近は特にMetaMaskの利用者が増えているようです。


仮想通貨ウォレットのデスクトップウォレットでおすすめなモノを紹介

インターネット上からダウンロードし、アプリケーションを起動して自分のPCで、仮想通貨を保管するタイプのウォレット。このデスクトップウォレットでおすすめなモノを紹介します。

Bitcoin Core

Bitcoin Coreとはビットコインの開発陣が公式にリリースしたオープンソースのソフトウェアです。ビットコインでマイニングをする人向けのツールでもあり、2009年からの全てのビットコインのブロックチェーン上の取引の情報が検索できたりします。

お金の管理だけではなく、マイニングやプログラミングを出来る人ならビットコインの送金プログラムを組んだりなども可能です。なのでインストールするにしても容量が大きいツールだったりします。ただ、『仮想通貨がいったいどうゆうのものなのか?』を知る上でも、まずは手始めに、このBitcoin Coreに触れてみるのは、私は良い選択だと思います。


仮想通貨ウォレットのモバイルウォレットでおすすめなモノを紹介

スマホにアプリとしてダウンロードして利用するタイプの仮想通貨ウォレット。それがモバイルウォレット。ホットウォレットに関してはウェブウォレットやデスクトップウォレットとありますが、現在モバイルウォレットに最も力を入れている企業が多いです。いくつかの企業はデスクトップウォレットのサービスも提供しながら、モバイルウォレットのサービスも同時に提供しています。


Coinomi

2022年4月の現在、1770以上もの暗号資産(仮想通貨)をサポートするモバイルウォレットサービスです。iOSやAndroidにも対応していて、WindowsやMac、Linuxにも対応しています。オープンソースとして完全にはウォレットサービスのコードを公開していないことから、そのセキュリティ面を心配している投資家の方もいます。ただ、やはりサポートする暗号資産の量が多いので、海外では非常に人気のウォレットサービスのようです。


BitPay

日本でも有名なCopayの後継サービスです。スマホアプリはもちろんのこと、最近では仮想通貨デビットカードに力を入れていて、Mastercard(マスターカード)の仮想通貨デビットカードでApple PayやGoogle Payも追加可能になっています。日本だとまだまだ、その利便性は感じられませんが、アメリカなど海外旅行などに行かれる方はBitPayを利用していると便利だと私は思います。


Exodus

海外ではUIが非常にシンプルなモバイルウォレットとして有名です。対応している暗号資産は150と他に比べると少なめなのですが、ExodusはハードウェアウォレットのTrezor(トレザー)と提携することが可能です。ユーザーがTrezor(トレザー)のハードウェアウォレットから資産を管理できるようする非常に便利な機能があるので、海外ではおすすめしてる人が多いサービスです。Exodusもデスクトップとモバイル両方のサービスを提供しています。


仮想通貨ウォレットのハードウェアウォレットでおすすめなモノを紹介

インターネットから遮断された専用デバイスで暗号資産を保存するハードウェアウォレット。セキュリティを考える上で、ほぼ最強の資産管理方法だと言われています。ここでは、いくつかおすすめのハードウェアウォレットを紹介します。


TREZOR (トレザー)

チェコ共和国プラハに本社を構える、SatoshiLabs社によって製造されてるハードウェアウォレットです。少し値の貼る商品ですが使いこなすまでの細かい手順が少なく、特にTrezor Model Tは画面が大きく、使い勝手を評価する人は多いです。


Ledger Nano(レジャーナノ)

レジャーナノはフランスやアメリカ、シンガポールに拠点を置くLedger社が開発したハードウェアウォレットです。他のハードウェアウォレットに比べても価格の安さが魅力で、利用者も多いハードウェアウォレットです。


仮想通貨ウォレットに関するQ&A

Q:おすすめの仮想通貨取引所のウォレットはどれですか?

A:取引する仮想通貨やトレードスタイルに依存する話なので、明確なことは言えません。今は余程マイナーな仮想通貨取引所を使わなければ、どこもセキュリティに関しては力を入れているので、どこでもある程度の信頼は置いても良いと私は思います。

ただ、仮想通貨取引所は常にハッカーに狙われていますし、倒産のリスクもないわけではないので、特に短期売買をするような常時、仮想通貨取引所に資産を置いておかないといけない投資家の方は、最悪無くなっても良いお金を口座に入れておく意識は大切だと私は思います。

Q:1番安全なウォレットは何ですか?

A:インターネットから遮断された場所に保管される、コールドウォレットが安全だと言われています。コールドウォレットの中でもペーパーウォレットは、現物の紙で劣化がしやすく利便性が劣るので実質的に1番安全なウォレットはハードウェアウォレットと言えるかもしれません。

Q:仮想通貨ウォレットに料金はかかりますか?

ハードウェアウォレットが数万と購入費用がかかるだけで、その他の仮想通貨ウォレットは無料です。

まとめ

以上仮想通貨ウォレットについて説明してみました。仮想通貨ウォレットに関しては、自分の投資家としてのトレード手法や仮想通貨との向き合い方によって、使うべきウォレットが変わってくると思います。

私の場合は短期売買をするトレーダーなので、DMM Bitcoinなど仮想通貨取引所に資産が無いとトレードが不能です。ただ、5年や10年ポジションを保有し続けるような長期投資家の方や、仮想通貨の開発企業を純粋な気持ちで応援したいような方は、ハードウェアウォレットを使うなどして厳重に資産を管理した方が賢明です。

さて、ここで気になる人もいたと思いますが、厳密には株やFXでも不正アクセスの事件はあります。

有名どころだと2015年のFXCMのハッキング事件です。さらに2018年には南アフリカの大手為替ブローカーでも「ハッキングにより顧客名簿が抜かれ、その情報がダークウェブ上に流された」なんて事件が報告されています。また日本では2020年にSBI証券で、顧客6人の証券口座から9864万円が不正に流出した事件がありました。

手口を見てもフィッシングやキーロガーを仕込んだり、仮想通貨でやられてるハッキング方法と、あまり変わりありません。なので株だから安全とかFXだから安全とか、そうゆうことは一概には言えないと私は思っています。

日本の場合、各証券会社・各FX業者はもしも不正アクセスの被害があった時のことに関しては、公式には保証の明記などはしていません。基本的には不正アクセスがあれば、その都度、証券会社やFX業者の見解を待つ形です。

どのような投資商品に投資をするにしても絶対に安全なんてことはありません。多かれ少なかれセキュリティリスクはあります。なので仮想通貨でも株でもFXでも『最悪、盗まれて無くなっても良いお金を運用する』このような割り切り方で、相場に挑むのが賢明だと私は思います。


仮想通貨

ADA OMG XLM LTC ETH XRP BTC DOGE DOT USDC

関連記事

仮想通貨におけるハッキングについて

仮想通貨のホワイトペーパーとは何か?

仮想通貨のホワイトリストとは何か?その登録通貨一覧についても紹介します

仮想通貨におけるPoSとは何か?

スポンサーリンク

【仮想通貨】公開鍵と秘密鍵の関係について

公開鍵暗号方式の仕組みについて

シードフレーズとは何か??

ホットウォレットとは何だろう?

ウェブウォレットとは何か?

デスクトップウォレットとは何か?

モバイルウォレットとは何か?

コールドウォレットとは何か?

ペーパーウォレットとは何か?

ハードウェアウォレットとは何だろう?

トレザー(TREZOR)のハードウェアウォレットについて紹介します。

レジャーナノ(Ledger Nano)のハードウェアウォレットについて紹介します。

MT5とは何か?MT5が使える仮想通貨取引所も、ご紹介します

仮想通貨・初心者向けガイド~仮想通貨投資のやり方を解説します

仮想通貨におけるファンダメンタルズ分析について解説します

仮想通貨・短期トレードの特徴と具体的な始め方について解説します

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。