仮想通貨ライトコイン(LTC)とは何か?特徴から将来性まで一挙に解説します

スポンサーリンク
ライトコイン(LTC)

ライトコイン(LTC)は2011年10月に公開された仮想通貨です。ビットコイン(BTC)をベースに開発が開始された仮想通貨なので、ビットコインとしばし比較される通貨です。今回はそんなライトコインについて、「いったいどうゆう通貨なのか?」説明してみたいと思います。


仮想通貨ライトコイン(LTC)の基礎情報

仮想通貨名Litecoin
ティッカーシンボルLTC
発行上限84,000,000枚
承認方式PoW
上場時期2011年10月
提唱者Charlie Lee
公式サイトhttps://litecoin.com/
ホワイトペーパーなし

仮想通貨ライトコイン(LTC)の概要

ライトコイン(LTC)は元Googleのソフトウェアエンジニアでコインベースでも働いていた、Charlie Lee氏によって開発されました。Charlie Lee氏は以前に、他の仮想通貨の開発に参加していたのですが、その時の上手くいかなかった経験を生かして、自分で仮想通貨を開発をしてみようと踏み切ったのがライトコインだったようです。ライトコインはビットコインをベースにしているので、承認方式もビットコインと同じPoWです。


仮想通貨ライトコイン(LTC)はビットコインの4倍のブロック生成速度を実現

ライトコインはSegwit(セグウィット)と呼ばれる技術を採用しています。Segwitは署名データを取引データの中ではなく、取引データから隔離されたWitnessという署名領域へ移行させる技術です。この結果、ビットコインのブロック生成速度が平均10分なのに対し、ライトコインは2分30秒と約4倍もの生成速度を実現しました。

またライトコインのSegwitの技術は、仮想通貨OMG(OMG Network)のMore Viable PlasmaとMinimal Viable Plasmaなどと同じように、仮想通貨の購入者がマイナーに支払う手数料が高騰してしまうというスケーラビリティ問題の解決策の1つであると言われています。


仮想通貨ライトコイン(LTC)の送付手数料を抑える技術

ライトコインは、送付手数料を低く抑える技術として、ライトニングネットワークというモノを採用しています。ライトニングネットワークとは、本来のブロックチェーンとは別の部分(オフチェーン)に取引データを一時的に記録し、蓄積された取引を集計したデータだけをブロックチェーンに記録する仕組みです。これを採用することで、手数料をほぼ0に近づけ、送付速度も大幅に向上させています。


スポンサーリンク

仮想通貨ライトコイン(LTC)のMimble Wimble(ミンブルウィンブル)の実装

ライトコインは2019年10月からMimble Wimble(ミンブルウィンブル)の技術の開発に着手してきました。今の仮想通貨取引は全て取引データやウォレットアドレスが公開されています。これが仮想通貨の魅力でもあるわけで、「当たり前のように受け入れるべきだ!」と言う人達もいました。

ただ、例えばこの仮想通貨の現在の仕組みを暴走した政府が悪用して、国民全員に使わせたとします。あらゆる支払いに仮想通貨を使わせます。そうすると政治家や官僚が国民のお金の流れを把握することが可能になります。ジョージオーウェル1984さながらの監視社会の完成です。

なので仮想通貨登場当初から、仮想通貨取引で法定通貨で行われるようなプライバシーが守られる取引は実現できないのか?追求する人達がいました。

Mimble Wimble(ミンブルウィンブル)は送金者と受取人のアドレスが公開されません。不要な取引情報をカットしているので、ブロックサイズも小さく取引がスムーズに行えるようになります。

ライトコインは2022年3月にMimble Wimbleのプライバシー機能「MWEB」を含めたLitecoin Core 0.21.2のアップグレードがもうすぐ完了することを示唆しました。

仮想通貨ライトコイン(LTC)で注意すべき半減期

ライトコインはおよそ4年に1度、半減期を迎えることになっています。次の半減期は2023年8月頃の予定です。半減期を迎えると仮想通貨の希少性が高まるので、確実に儲けたい投資家はこぞって買いに走るでしょう。その時の流れに乗るか?あるいはその時の相場のうねりを避けて通るか?ライトコインを取引する投資家は考えておくべきでしょう。今は2022年4月なので、その時はスグそこまで迫っています。

仮想通貨ライトコイン(LTC)の活用例

オンライン決済サービス大手のPayPal(ペイパル)は2021年3月に仮想通貨を使って精算できる新機能Checkout with Cryptoを立ち上げました。Checkout with Cryptoでは顧客が精算時にPayPalを通じて仮想通貨を売却し、その後USドルで実際の決済を行えるようにします。

事業者が何か特別なことをすることは無く、これまで通りUSドルで支払いを受けると言う便利な仕組みです。そのサービスにビットコインイーサリアムと同様にライトコインは採用されました。Checkout with Cryptoの今後の動向次第で大きく価格に影響しそうですが、やはりPayPalが採用したのは大きい話なので、このような小額決済の事例はライトコインに良い影響をもたらすと思います。


仮想通貨ライトコイン(LTC)には独自のウォレットサービスがある

ライトコインにはデスクトップウォレットのLitecoin Coreとペーパーウォレットのliteaddress.orgと言った2種類のサービスが存在します。ビットコインやイーサリアムなど、有名どころでしか、このようなサービスは無いので実際に使うかはさておき、一度覗いてみると面白いと思います。


仮想通貨ライトコイン(LTC)の現在の価格から見る将来の予想

※2022年5月13日現在の話です。長期投資家ではなく、あくまでテクニカルトレーダーの分析です。

ライトコイン週足チャート
引用:TradingView

上記の画像はLTC/USDの週足チャートです。インジケーターはボリンジャーバンドの期間20でσ2を採用しています。現在LTC/USDは週足チャートを見ると下落相場です。2021年9月のトレンドの基点付近を試して、大きく跳ね返っている状態です。

実際に現在の週足のロウソク足を見ると大きなヒゲがついています。もし、このロウソク足が確定するなら、ここから反発上昇の可能性は確かにあります。短期売買をするトレーダー目線の話でロウソク足分析の基本の話にもなりますが、大きなヒゲは反発上昇のサインです。それが週足ともなると、その影響力はなかなか大きいのです。

ただ、2021年11月の付近を見てもらえれば分かる通り、2021年5月の最高値を試したものの、その7割にも届かず垂直に落下をしています。この『高値を試したものの、あえなく失敗した』といった事実の影響はなかなか大きく、現在売り圧力の方が強いことは留意しておくべきでしょう。

引用:TradingView

実際に日足チャートで見てもレンジ場をいったりきたりしての下落のブレイクアウト。私はこれから、LTC/USDに関しては下の時間足を使って細かくポジションを取っていくことは可能ですが、大きな枠組みで見るとあまり方向性の無い、やや下落気味の相場が続くと考えています。ファンダメンタルズの材料次第で一気に変化する話なのですが、素直に動く上昇相場は、現在のチャート分析からは、まだまだ先のように見えます。


仮想通貨ライトコイン(LTC)を売買するのに、おすすめの仮想通貨取引所

1:Coincheck

取引所名:Coincheck
URL:https://coincheck.com/ja/
取扱通貨数:販売所15種類・現物17種類
レバレッジ倍率:証拠金取引は現在やっておりません

Coincheckは証拠金取引をやっていません。現物取引のみです。現物取引の利点はどんなに損失をしても最悪資産が0になる程度です。資産がマイナスになって借金を背負うことはありません。現物取引は上昇相場にしか賭けることができませんが、初心者の方が相場に慣れると言う意味では、ここを使うのは有用です。ちなみにCoincheckに関してはUSDのペアは取り扱っておらず、LTC/JPYのペアのみです。


2:DMM Bitcoin

取引所名:DMM Bitcoin
URL:https://bitcoin.dmm.com/
取扱通貨数:現物11種類、レバレッジ15種類
レバレッジ倍率:固定2倍
ロスカットルール:50%

DMM Bitcoinに関しては現物取引も証拠金取引も両方の取扱があります。ロスカットルールが50%なので、国内業者の中では多少リスクのあるトレードも可能です。DMM BitcoinもUSDのペアは取り扱っておらず、LTC/JPYのペアのみです。


3:GMOコイン

GMOコイン
取引所名:GMOコイン
URL:https://coin.z.com/jp/
取扱通貨数:販売所18種類・現物11種類、レバレッジ5種類
レバレッジ倍率:固定2倍
ロスカットルール:75%

ロスカットが証拠金維持率の75%を下回ってからで、国内業者の中では多少厳しめのGMOコインですが、こちらも現物取引と証拠金取引の両方ができて、販売所形式も用意しています。他の国内業者と同じで、USDのペアは取り扱っておらず、LTC/JPYのペアのみの対応ですが、長期投資をする方が利用すると良い仮想通貨取引所だと思います。


4:CryptoGT

取引所名:CryptoGT
URLhttps://cryptogt.com/jp/website-home
取扱通貨数:60種類以上
レバレッジ倍率:500倍
ロスカットルール:50%

CryptoGTはレバレッジが500倍まで使える中級者以上の方向けな海外業者です。ただ日本語にも対応してて、あのFXでおなじみのMT5の取引ツールが使用できます。取扱通貨は実に60種類以上でLTC/USDにも、しっかり対応しています。

MT4やMT5は他のエンジニアが作った便利なカスタムインジケーターや自動売買システムが簡単に無料で導入できます。もちろんMQL4やMQL5などの言語を学べば、メタエディター(MetaEditor)などを使って、さほどサードルも高くもなく自作インジケーターや自動売買システムを自分で作って導入することができます。

なので裁量トレードだけではなく、システムトレードを検討されている方は、最初からCryptoGTを使ってしまっても良いと私は思います。


仮想通貨ライトコイン(LTC)のまとめ

以上、ライトコイン(LTC)について説明してみました。やはりMimble Wimble(ミンブルウィンブル)の技術は注目度が高く、小額決済の分野で威力を発揮しそうです。日本だとあまり話題になりませんが、米国などでは一般人のセキュリティ意識が高まっています。

インターネットでサイトを閲覧するにしても、ブラウザを変えて情報が取られないように配慮する人が結構います。普段から利用するWebサイトや携帯端末から情報を吸われて、それが商業的なマーケティングに利用されたり政治利用されたり、そうゆうのを嫌う人がいるんですね。また、ひと昔前だとエドワード・スノーデンの事件などの影響もあります。

仮想通貨の普及の壁として、監視社会への対処があります。ライトコインのMimble Wimble(ミンブルウィンブル)の技術は「それに対する一つの解答なのでは?」と私は思います。ライトコインの今後の動きに注視したいです。


仮想通貨

ADA OMG XLM LTC ETH XRP BTC DOGE DOT USDC

関連記事

仮想通貨におけるPoSとは何か?

仮想通貨におけるハッキングについて

仮想通貨のホワイトペーパーとは何か?

仮想通貨のホワイトリストとは何か?その登録通貨一覧についても紹介します

仮想通貨ウォレットのおすすめや、種類や仕組みまで解説します

トレザー(TREZOR)のハードウェアウォレットについて紹介します。

レジャーナノ(Ledger Nano)のハードウェアウォレットについて紹介します。

ハードウェアウォレットとは何か?

ペーパーウォレットとは何か?

コールドウォレットとは何か?

スポンサーリンク

ホットウォレットとは何だろう?

ウェブウォレットとは何か?

デスクトップウォレットとは何か?

モバイルウォレットとは何か?

【仮想通貨】公開鍵と秘密鍵の関係について

公開鍵暗号方式の仕組みについて

シードフレーズとは何か??

仮想通貨におけるショート(空売り)とは何か?

MT5とは何か?MT5が使える仮想通貨取引所も、ご紹介します

仮想通貨・初心者向けガイド~仮想通貨投資のやり方を解説します

仮想通貨におけるファンダメンタルズ分析について解説します

仮想通貨・短期トレードの特徴と具体的な始め方について解説します

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。