仮想通貨におけるファンダメンタルズ分析について解説します

スポンサーリンク
仮想通貨ファンダメンタルズ分析 アイキャッチ

ファンダメンタル分析は株でもFX(為替)でも仮想通貨でも、その価格の今後の動向を予測する上で非常に重要な分析手法です。

投資の経験者なら株とFXのファンダメンタルズ分析が、似ても似つかないのが分かると思います。同じように仮想通貨のファンダメンタルズ分析も株やFXとは違いがあり、独自の指標を見て総合的に判断する必要が出てきます。

今回は、この仮想通貨におけるファンダメンタル分析の基本を解説しつつ、テクニカル分析との違いについても触れてみたいと思います。


仮想通貨におけるファンダメンタルズ分析とは何か?

英語でFundamentals(ファンダメンタルズ)とは経済的基礎要因の意味があります。なのでファンダメンタル分析とは、景気動向や財務状況などを元に、その投資先の本質的な価値に焦点を当てて将来の価格を予測する手法であると言えます。

株であれば投資先企業の貸借対照表や損益計算書などを見て財務分析をしたりして、本質的な価値を判断します。為替であれば、投資先の国(通貨ペア)のGDPや借金の額、金融政策や地政学的リスクなど、大きな枠組みで判断します。

その投資先の本質的な価値さえ分かれば、「今は市場から不当に評価をされているのか?」「今は市場から過剰に評価されているのか」そのようなことが分かります。

不当に評価をされているのなら、そこで買えば価格はいずれ上がるハズで、過剰に評価をされていれば買うのを様子見すれば損失が防げます。

仮想通貨のファンダメンタル分析も基本的には株と同じように、通貨の開発元の財務状況や活動内容などから組織としての成長性や健全性を分析します。ただ、「グローバル経済のことを無視をして良いのか?」というと、そのような事も無く、FXで有名なFOMC(米連邦公開市場委員会)の声明の後に仮想通貨が大幅に影響を受けたりもします。

ビットコイン、約1カ月ぶりの大幅安-FOMC後の楽観後退で

なので仮想通貨の場合は、『開発元企業の財務状況や活動内容、そして為替の経済指標などを見たグローバル経済への注視』など、株と為替を合わせたようなファンダメンタルズ分析の仕方が必要になってきます。仮想通貨FXをやる人であれば、この考え方は必須事項でしょう。


仮想通貨におけるファンダメンタルズ分析のメリット

テクニカル分析はもっぱらプライスパターンとインジケーターのサインに従います。極端な例ですが仮にテクニカル分析だけをしていて価格が乱高下していて、テクニカル分析のセオリー通りいかない場面に遭遇していたトレーダーがいたとします。その人はマクロ経済の基礎も知らなくニュースも見ない人です。

仮想通貨ファンダメンタルズ 乱高下

そのような人はあまりいないと思いますが、もし仮にそうゆう人がいたとして、乱高下する相場に遭遇しているとしたら、その人の第一声は「この価格の動きはいったいなんだろう?」になることが容易に想像つきます。

価格の動きの意味がまったく分からない迷走状態。「今まで学んできた、私のテクニカル分析が通用しないじゃないか!!」と怒り狂うかもしれません。

もしこの人がマクロ経済の基礎を抑えてニュースをしっかりウォッチしていたら、「これは中国が規制に動いたからだ」などと、正確無比とはいかないまでも価格の動きの意味は理解できます。テクニカル分析メインのトレーダーであっても、ファンダメンタルズ分析を勉強した方が良いことの理由がこれです。

多くの投資家が効率的市場仮説を否定しますが、マーケットは数学だけでは紐解けないランダム性を内包してます。私は投資手法に、ここまで複雑な理論は盛り込まなくても安定したパフォーマンスは出せると考えていますが、著名投資家ジョージ・ソロスの再帰性理論は誰もが一度は目を通した方が良いモノだと私は思います。

天才投資家ジョージ・ソロスの「再帰性理論」をもっと分かりやすく!=東条雅彦

ソロスは相場を説明する際「再帰性」という言葉の意味とは? 知恵袋の過去の質問を調べてみると、下記の質問……

このように、ファンダメンタルズ分析をすれば、価格の動きの意味付けは可能になります。この意味付けは万能ではありませんが、チャンスが広がったり、あるいはリスク回避ができたり、メリットがあることに間違いありません。


スポンサーリンク

仮想通貨におけるファンダメンタルズ分析のデメリット

ここまでファンダメンタルズ分析を見てきて、「ファンダメンタルズ分析はメリットばかりじゃないか??」と思う人も少なくないと思います。しかし、デメリットもあります。例えば大口投資家やプロなどの動きは、データとして事前に表に出ることはありません。

常に価格が大きく動いてから、「ああ、大口投資家が大量に売ったんだな」と分かるような状態です。私が先ほどからファンダメンタルズ分析について、「正確無比とはいかないまでも」だとか「価格の意味付け」などと、曖昧な言葉を使っているのはそのためです。

イナゴトレードの難しさ

仮想通貨・初心者向けガイド~仮想通貨投資のやり方を解説します

過去記事でイナゴトレーダーの話をしましたが、ファンダメンタルズ分析で分かることは「ザックリとした価格の方向性」です。大口投資家であったりプロであったり、彼らのインナーサークルで起こってることまでファンダメンタルズ分析でカバーすることは残念ながらできません。

アマチュアのファンダメンタルズ分析オンリーのトレードとは、そのようなプロや大口投資家の世界で起こってることの影響も推測した上で、エントリーをしてストップロスを仕掛けないといけません。かなり難しいトレードですし本当に奥の深い世界です。

国内外そのような個人投資家はちらほらいるようですが、私はファンダメンタルズ分析オンリーのトレードは諦めて、テクニカル分析主体に途中から切り替えました。


仮想通貨におけるファンダメンタルズ分析をする上で知っておきたいワード

仮想通貨でファンダメンタル分析を行う際は、覚えておきたいワードがいくつかあります。


半減期

半減期とは、仮想通貨のマイニング報酬が半分になるタイミングのことをいいます。例えばビットコインの半減期はおよそ4年に一度の周期で訪れます。半減期の前後は、ビットコインの価格が大きく変動しやすいという傾向があります。

なのでビットコインだけじゃなく、ライトコインやビットコインキャッシュなど、半減期の存在する仮想通貨は注目に値します。ちなみにビットコインの市場全体に与える影響力は大きいです。これは半減期だけの話しではないのですが、ビットコインの半減期の動きに連動して、動く仮想通貨も存在するので、その意味でも注目すべき話です。


バーン(焼却)

バーン(焼却)はすでに発行し市場に流通している仮想通貨の枚数を減らす行為のことを意味します。通貨の供給量を減らすことで希少価値を上げ、価格を上昇させるのが目的です。

需要と供給の基本原則の話になりますが、仮想通貨が普及されるのは良い事なのですが、あまりにも供給過多になると、仮想通貨の希少価値は無くなり相場は下落をします。例えばアルトコインで長期でガチホールドをしている投資家の方であれば、これはホールドする意味が無くなりますね。

仮想通貨の開発企業にとって、長期でホールドしてくれる長期投資家や、本当にその仮想通貨を応援してくれる投資家の方の存在は絶大です。開発企業からすれば、彼らがいなくなるのは本当に困る話なのです。

なので仕組み上、供給過多が懸念される仮想通貨は、定期的にバーン(焼却)をすることがあります。バーンも価格に大きな影響を与えるので、投資家としては常に注視しておくべきでしょう。


FUD

FUDとは、Fear(恐怖)、Uncertainty(不安)、Doubt(疑惑)の頭文字をとった造語です。簡単に言うと「デマ」「ネガティブ・キャンペーン」のような意味です。新しく登場したアルトコインでありがちなのですが、あえて投資家達の感情を煽るような情報を流すことで価格操作をしようとする人達がいます。

これは我々投資家の側にもいますし、投資とは関係の無い仮想通貨が普及されれば儲かるマーケティング会社やインフルエンサーにも、このようなことをやる人がいます。エイダコイン(カルダノ/ADA)の日本上陸の際のマルチ商法まがいのプロモーションを思い出す人も多いと思います。

投資詐欺は有名ですが、投資教育詐欺なるものも昔からあります。自分は実際に投資はしたことは無いけど、お金持ちキャラを作って投資情報を発信して、それで儲けようとする人達です。

ちょっと昔はTwitterとかFacebookのプロフィールに「月100万円稼ぎました」などと大げさなことを書いて、それで初心者の方を釣るのが主流でした。しかし今は元証券アナリストを名乗ってスーツ姿の写真を載せて、ファンダメンタルズ情報をずっとツイートするなど、なかなかやり方が功名になっています。

Twitterでも投資ツイートがバズったりしてるので、初心者の方が見抜くのが難しくなっています。彼らは「使える情報」「使えない情報」の両方をごちゃ混ぜにして流しているので、投資に関して体系的な学習を詰んでいないと簡単に騙されてしまうかもしれません。

私は過去記事でも言及しましたが、これに対しては他の人のその人に対する客観的な評価を見るか、そもそも『たった一人のメンターから学ばない』といったルールを決めて対処するしか無いと考えています。


仮想通貨におけるファンダメンタルズ分析をするための情報収集法


行政機関

政府・行政機関が発表する仮想通貨関係の情報は、常にウォッチする必要があります。金融庁の発表など国内の政府情報も注目すべきですが、特に影響力があるのがアメリカや中国などの発表です。この二つの国の発表は特に注視する必要があるでしょう。


仮想通貨取引所

新規上場や上場廃止に関する情報は、価格に大きな影響を与えます。ニュース等でその情報はゲットできますが、1番確実なのは仮想通貨取引所からの情報です。定期的に仮想通貨取引所からの情報はチェックしておくべきでしょう。


仮想通貨開発企業

仮想通貨を開発してる企業の情報は重要です。株と同じように、その開発企業の財務情報は仮想通貨の本質的な価値を評価する上で重要です。また技術アップデートの情報や業務提携の情報などは価格に大きく影響を与えます。TwitterやFacebookなどで、仮想通貨開発企業をフォローしておくと情報を追うのに便利です。


ニュースメディア

新聞やニュースサイトなどのメディア媒体は貴重な情報源です。政府や仮想通貨取引所の情報を自分で収集するのが確実ですが、全部を1人でやるのには限度があります。取材記者を雇っているメディアの力は上手く利用すべきです。特に金融専門のメディア媒体はマーケットで影響のありそうなニュースをピンポイントで流してくれるので、これらを上手く利用すると良いでしょう。

私のオススメはブルームバーグロイターです。ブルームバーグは金融専門のメディアとして昔から有名です。ロイターは世界最大の国際通信社です。実は新聞社は通信社から記事を買って、それで掲載してるケースが多々あります。

通信社が大量の取材記者を抱えているからです。日本においては外国のニュースなどを独自に購入したり外国に特派員を派遣する費用を負担できない新聞社を支えるものとして通信社が生まれた経緯があります。

日本では一般的に「新聞社の情報は間違いない」と言われますが、新聞社に記事を売っている通信社の情報を見ていれば、だいたいのニュースはカバーすることが可能です。それが世界最大の国際通信社ロイターともなると、ほぼ重要なニュースはカバーできる理屈になります。ちなみに通信社のニュースを見るのにお金がかかることはありません。無料です。


オンチェーンデータ

オンチェーンデータとは、ブロックチェーンに保存されるトランザクションのデータを集計したものです。ブロックチェーンはトランザクションのデータが永遠に記録されます。なので、「どのようなトランザクションが発生したか?」「どのアドレスがどれ程の仮想通貨を保有しているか?」などという事が、オンチェーンデータを見ると明らかになります。以下、注目すべきデータをいくつか紹介します。


Exchange inflows(取引所への流入量)

仮想通貨投資家は一般的に、仮想通貨を現金化する際、外部のウェブウォレットデスクトップウォレットハードウェアウォレットなどから仮想通貨取引所に資金を移動させます。

短期売買をする私のような人は取引所口座を利用するかもしれませんが、仮想通貨を長期保有する人はセキュリティ面を考えハードウェアウォレットを利用する率が高いです。なので、この外部ウォレットから仮想通貨取引所への資産の流入量は重要な指標になり得ます。

もしも上昇相場なのにも関わらず、このExchange inflows(取引所への流入量)が増加していれば、多くの長期投資家が「そろそろトレンドは終わるだろう」と考えてる下落のサインとして見て良いです。

もちろん取引所に移された暗号資産がいつ売却されるかは不明です。一気に売るのか?小分けにして売られるのか?色々なパターンがあります。しかし、このExchange inflowsの増加は売り圧力があることを示しているのは間違いありません。

このExchange inflowsを調べるには、以下のサービスを使うと良いです。

Chainalysis

Crypto Quant


Whale(クジラ)

仮想通貨において大口投資家達の動きは特に重要です。その大口投資家のことをWhale(クジラ)と呼びます。特にビットコインに関しては約1000程度の少数のアカウントで、市場の40%を占めていると言われています。つまりクジラの動き次第で相場はいかようにも動くことを意味します。

クジラの動きを調べるサービスは沢山ありますが、Whale Alert(ホエールアラート)と言うTwitterのBoTアカウントは非常に便利です。BTCの高額送金やアルトコインの高額送金、盗難ウォレットの送金などなど、そのような情報をリアルタイムにアラートしてくれます。

Whale Alert


Active Addresses(アクティブアドレス)

アクティブアドレス数とは、トランザクションが発生したアドレス数の増減を示すデータです。一般的にアクティブアドレス数が急増している時は、仮想通貨が活発に売買がなされていると考えることができます。例えば記録的な上昇相場の時に、このアクティブアドレス数が減少しているのなら、そろそろトレンドの終了を示しているかもしれません。このアクティブアドレス数はGlassnodeなどのサービスを使って調べるのがオススメです。

Glassnode


以上、オンチェーンデータを見る上で、特に重要なデータについて紹介しました。他にもLiquidity(流動性)など、見るべきモノは沢山ありますが、あまりに細かい分析は逆に投資判断を複雑なモノにしてしまう可能性があります。なので、オンチェーンデータに関しては、自身の投資手法に合わせて見るデータを増やしたり削ったりするのが良いです。

オンチェーンデータサービスは沢山あるのですが、特にGlassnodeとCrypto Quantは非常に便利なので無料アカウントだけでも作っておくべきでしょう。またEthereumのオンチェーンデータをSQLを用いてユーザが分析できるDune Analyticsは非常に便利なので、ETHトークンに投資してる人はこっちも利用してみると良いと思います。

Dune Analytics


各国の経済指標

FXなどで利用される各国の経済指標。この影響も仮想通貨は受けます。特に仮想通貨FXでBTC/USDやETH/USDなどと、米ドルとペアを組むので、米国の経済指標の影響は受けやすいです。米雇用統計やFOMCの声明などは特に注視すべき経済指標として有名です。

仮想通貨FXの経済指標に関しては、日本ではまだ扱っている通貨ペアも少ないことから、あまり便利なサービスがありません。なのでFXトレードで利用される経済指標紹介サービスなどを利用して、その重要度に応じてポジションの有無を判断するのが現状では良いと思います。

TraducationFX

これは経済指標と仮想通貨のイベントを同時に閲覧できるサービスのようです。仮想通貨独自のイベントカレンダーサービスに関しては、便利なサービスが海外にはあるので、他にも色々と使ってみても良いかもしれません。

Cryptocurrency Calendar


仮想通貨において、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析、どちらがオススメか?

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析に関しては、どちらも一長一短があります。最終的にファンダメンタルズ分析、テクニカル分析、どちらか一方をメインとして選ぶようになるとはいえ、どちらか一方の分析手法しか使わない投資家はあまりいないように思います。

私の場合は2:8の比率で、テクニカル分析メインのトレーダーです。エントリーの判断は完全にテクニカル分析ですが、そのままホールドして伸ばす場面や早々に撤退する場面など、相場の環境分析にはファンダメンタルズ分析を利用しています。

これは短期売買の中でも私がスキャルピングやデイトレードをやる人間なので、このような比率になっています。以前に海外コミュニティでBTC/USDの日足チャートでスイングトレードをしている個人投資家のスレッドを覗きに行った時は、彼はエントリーの判断に私のような人間では考えられないくらい、ファンダメンタルズ分析をふんだんに盛り込んでいました。

短期売買の中でもデイトレーダーやスキャルパーは何があっても1日でポジションを解消します。1回あたりのポジションの保有時間も1時間以上ともなると大きなトレンドに乗れた時限定です。なので考慮するファンダメンタルズといっても、その日に発表されるFOMCや米国の雇用統計など、重要な経済指標くらいなものです。

一方で日足チャートで分析をするスイングトレーダーにとってのトレンドは、私のようなデイトレーダーやスキャルパーが遭遇するものよりもずっと巨大なものです。


BTC/USD 5分足チャート
BTC/USD 5分足チャート

BTC/USD 日足チャート
BTC/USD 日足チャート。赤の縦ラインのロウソク足が上の5分足チャートの部分です。

エントリーしてロウソク足2本分、約2日の保有期間でトレードを終了するなんてことは稀なことでしょう。巨大なトレンドに乗れたら、1週間程度は保有して様子見をするハズなので、考慮するファンダメンタルズもデイトレーダーやスキャルパーのそれよりも多くなるのだと思います。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析は両方必要でしょう。トレード手法を確立した後も比率の差は人それぞれ違いますが、両方の分析手法を使うことになると思います。

また、ここで特に注意すべきは、投資手法の学び方です。ほとんどの人は専業ではなく兼業スタートだと思います。丸1日、投資に使える時間がある人は稀で、中には1日1時間も使えない人もいると思います。

極端な例かもしれませんが、1日1時間程度ではデイトレードなども選択肢として外れてくると思います。その限られた1時間以内にエントリーチャンスが来るとは限りませんし、仮にエントリーが成功したとしても時間切れでポジションを解消しないといけなくなると思います。これではデイトレードの手法がいくら優れていても、正しいパフォーマンスを出すことは不可能です。

このように、その人が投資に使える時間によっても選ぶべき分析手法は変わってきます。なので『どちらか一方』といった思考は捨てて、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析、両方の分析手法を学んでみる必要は、私はあると考えています。


まとめ

以上、仮想通貨におけるファンダメンタルズ分析について説明してみました。ファンダメンタルズ分析に関しては今、私が紹介した以上に奥の深い世界です。日本よりも活発な海外の仮想通貨コミュニティでも、個人投資家達がデータを引っ張ってきて日々、白熱した議論を展開しています。

オンチェーンデータのところで少し書きましたが、短期売買をするトレーダーである私から見たファンダメンタルズ分析の弱点はエントリーの複雑性です。テクニカル分析ならパターンやインジケーターのサインでシンプルにエントリーするところ、ファンダメンタルズ分析は色々なデータを考慮して、やっとエントリーをします。

「複雑に分析して考えた割りには、あまり実益が無かった」なんて事がファンダメンタルズ分析に関しては多々あります。なので他の投資家も知っているポピュラーなデータや指標だけをチョイスするなど、ある程度の調整は私は必要なのかなと考えています。

この按排に関しては、私のようなテクニカルトレーダーよりも、ファンダメンタルズメインの投資家の意見を聞いた方が正確なことが分かると思うので、是非他の投資家の意見も参考にしてみてください。


仮想通貨

スポンサーリンク

ADA OMG XLM LTC ETH XRP BTC DOGE DOT USDC

関連記事

仮想通貨におけるショート(空売り)とは何か?

仮想通貨におけるハッキングについて

仮想通貨におけるPoSとは何か?

仮想通貨のホワイトペーパーとは何か?

仮想通貨のホワイトリストとは何か?その登録通貨一覧についても紹介します

【仮想通貨】公開鍵と秘密鍵の関係について

シードフレーズとは何か??

ホットウォレットとは何だろう?

ウェブウォレットとは何か?

デスクトップウォレットとは何か?

モバイルウォレットとは何か?

コールドウォレットとは何か?

ペーパーウォレットとは何か?

ハードウェアウォレットとは何だろう?

トレザー(TREZOR)のハードウェアウォレットについて紹介します。

レジャーナノ(Ledger Nano)のハードウェアウォレットについて紹介します。

仮想通貨ウォレットのおすすめや、種類や仕組みまで解説します

MT5とは何か?MT5が使える仮想通貨取引所も、ご紹介します

仮想通貨・初心者向けガイド~仮想通貨投資のやり方を解説します

仮想通貨・短期トレードの特徴と具体的な始め方について解説します

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。