仮想通貨ドージコイン(DOGE)とは何か?特徴から将来性まで一挙に解説します

スポンサーリンク
ドージコイン

ドージコイン(DOGE)は2013年に誕生した仮想通貨です。「柴犬」をモチーフにした海外で人気のネットミームから派生した当初はネタコイン的な位置付けでした。

ただ、ドージコインはテスラのイーロン・マスクなど、著名人にもファンは多いです。彼らの発言で価格が大きく動いてしまうなど、特殊な仮想通貨でもあります。今回はそんなドージコインについて、「いったいどうゆう通貨なのか?」説明してみたいと思います。


仮想通貨ドージコイン(DOGE)の基礎情報

仮想通貨名Dogecoin
ティッカーシンボルDOGE
発行上限なし
承認方式PoW
上場時期2013年12月
提唱者Billy Markus, Jackson Palmer
公式サイトhttps://dogecoin.com/
ホワイトペーパーhttps://github.com/dogecoin/dogecoin/blob/master/README.md

仮想通貨ドージコイン(DOGE)はネットのミームから生まれた

かぼすママさんのブログ:今夜のご飯は何ですか?

ドージコインのモチーフである柴犬。この柴犬は元々は日本のブロガーである、かぼすママさんが2010年に投稿した愛犬の写真です。この愛犬のかぼすちゃんの写真が、何故だか海外でコラ画像に使われたりだとか、ネットミーム(ネットの面白ネタ)として利用されるようになったんですね。その人気にあやかって開発がスタートしたのが、ドージコインです。

かぼすちゃんはもともと、劣悪な環境で繁殖犬としてブリーダーに飼われていました。その会社が倒産して捨てられて保護犬となっていたんですね。殺処分されてしまう前に、運良くかぼすママさんに引き取られたという経緯があるんです。そのような犬が海外で大人気になり、仮想通貨の世界にまで進出してしまうとは、世の中何が起こるか分かりません。

価格の値動きばかりに興味がいきがちで、ネタコインと言われがちなのですが、背景にある物語を見ると、かぼすちゃんを含めドージコインも応援したくなる人は多いのかなと私は思います。仮想通貨やNFT抜きにして、かぼすママさんのブログは本当に素晴らしいので、是非一度、読んでみて下さい。


仮想通貨ドージコイン(DOGE)の高速決済

ビットコインとドージコインは同じ承認方式・PoWを採用しています。しかしブロックの処理や承認といった一連のプロセスをビットコインが10分かかることに対して、ドージコインは1分で済みます。なので、高速決済を実現しています。


スポンサーリンク

仮想通貨ドージコイン(DOGE)の利用シーン

他の仮想通貨を見れば分かりますが、手数料も安く高速決済を実現した、ドージコインよりも優れた仮想通貨は他にも沢山あります。ただ、機能面では他には劣るけど、ネット住民には受け入れられてるのがドージコインの不思議なところです。

特にかぼすちゃんの画像を利用したお祭り騒ぎは、Redditのようなコミュニティが発端になったのですが、そのRedditでは良いコメントを書いた人にチップ(投銭)としてドージコインを投げることができるようになっています。

Most popular social networks worldwide as of January 2022, ranked by number of monthly active users

上記の記事はソーシャルメディアの世界の月間アクティブユーザー数のランキングですが、Redditは430millionです。つまり4億3000万人。Twitterの436million(4億3600万人)とほぼ同程度。この4億3000万人級のコミュニティでドージコインが使われているのは、機能面は気になりますが大きい話だと私は思います。


仮想通貨ドージコイン(DOGE)は発行上限がない??

ドージコインは発行上限がありません。なので需要と供給の関係をシンプルに見るなら、ドージコインが普及すればするほど、価格は下がっていくことを意味します。中長期でロング(買いエントリー)しかしない人にとっては死活問題ですね。

ロング(買いエントリー)とショート(売りエントリー)とは、証拠金取引に用いられる用語で、現物取引をする際は使えません。基本的に「安く買って高く売る」ことで利益を得るのが現物取引。下落相場の場合は利益にすることができません。

しかし証拠金取引をする私のようなトレーダー達にとっては、上昇相場だろうが下落相場だろうが関係ありません。予測と同じ方向に相場が動けば儲かるのがトレーダーです。発行上限が無く市場に参加するプレイヤーが多ければ多いほど、価格の乱高下も少ないので、ドージコインのような発行上限の無い仮想通貨は注目に値します。


仮想通貨ドージコイン(DOGE)を大量保有する一部の投資家

分散化が重要な仮想通貨の中でドージコインは大きな問題を抱えています。それがクジラ。仮想通貨を大量保有する大口の投資家の存在です。ドージコインは1つのアドレスだけでドージコイン全体の28%を保有しています。さらに合わせて11のアドレスが44%の保有。

このドージコインのトップホルダー達が何かのひょうしに大量売却でもしてしまえば、相場が大きく荒れてしまうんですね。このようなことは為替の世界では、ほぼありえない話です。ドージコインを取引する投資家達はクジラたちが起こす大きな波に巻き込まれてしまう危険性を、常に受け入れないといけません。


仮想通貨ドージコイン(DOGE)の現在の価格から見る将来の予想

※2022年5月14日現在の話です。長期投資家ではなく、あくまでテクニカルトレーダーの分析です。

DOGE/USD 週足チャート
DOGE/USD週足チャート 引用:TradingView

DOGE/USDの週足チャートです。表示されているインジケーターはボリンジャーバンドの期間20でσ2です。ドージコインは2021年4月12日付近から巨大な上昇トレンドを形成し、2021年5月10日付近から垂直に落下をして、その後はレンジ場になりつつも、やや下落気味の相場を形成しています。現在の価格もボリンジャーバンドのミドルラインよりも下に位置をしています。

1番目立つ2021年10月25日付近の上下に長いヒゲをつけたコマを基準にトレンドラインを引きました。上下に長いヒゲをつけたコマの後に僅かに安値の更新があったのもトレンドラインを引いた理由ですが、その後このトレンドラインはブレイクをして、ミドルラインよりも価格は下ですがレンジ場を形成しています。

今週丁度、大きな陰線が出現しましたが、2021年4月12日付近の巨大トレンドの起点に差し掛かると大きなヒゲをつけて反発をしています。

DOGE/USD 日足チャート
DOGE/USD日足チャート 引用:TradingView

DOGE/USD日足チャートを見て、あの反発の詳細を見てみます。ボリンジャーバンドでおなじみのスクイーズからのエクスパンションで、ほぼ垂直落下の下落トレンドが出ています。ただし、2022年5月12日のロウソク足を見ると、長い下ひげをつけたコマが出現しています。1番下の水平線のラインは週足チャートの2021年4月12日付近の巨大な上昇トレンドの起点を元に引いたラインです。

スクイーズからのエクスパンションで垂直に勢い良く落下していた価格が、このラインに差し掛かったら大きく反発しました。これは変則的ではありますがロウソク足パターンの明けの明星と見ることも可能です。

典型的な上層相場が来るとは、まだ言えず、おそらくこれからレンジ場相場が続く可能性が高いですが、少なくともテクニカル分析的には売りの圧力が、かなり弱まっている状態と見ることができます。


仮想通貨ドージコイン(DOGE)を売買するのに、おすすめの仮想通貨取引所

Binance(バイナンス)

取引所名:Binance
URL:https://www.binance.com/ja
取扱通貨数:600種類以上
レバレッジ倍率:125倍
ロスカットルール:100%

ドージコインは国内だと、ほとんど取扱業者が無く、海外業者が候補として上がります。その海外業者でも比較的ドージコインを日本人が取引しやすいのはBinance(バイナンス)くらいだと思います。バイナンスはあまり初心者向けでは無いと思います。バイナンスには現物取引とレバレッジ取引があますが、レバレッジが125倍まで利用ができてしまい追証といった仕組みがありません。追証が無い変わりに『マージンレベル』と言った、一定のレベルによって利用制限がかかっていく特殊なシステムを採用しています。

またバイナンスに入金をするのに、日本からの銀行振込には対応していません。日本人はクレジットカードか仮想通貨を使っての送金をすることになります。普通に日本の国内取引所から仮想通貨を購入してバイナンスへ入金をすれば良いのですが、バイナンスはツールの使い方や手続きの仕方を含めて初心者の方には少々ハードルが高いです。

ただ、これ以上にドージコインを取引するのに、使いやすい業者も無いので初心者の方で「ドージコインを買いたいよ」って人は、公式サイトをよく読んで入念に調べてから投資に踏み切るのを忘れないでください。中級者以降の方に関しては、取引ツールなどの操作方法をマスターして一度バイナンスに慣れてしまえば、もうバイナンスが便利すぎて手放せなくなるようなので、中級者以降の方は、これを機に利用に踏み切ってしまった方が良いかもしれません。


仮想通貨ドージコイン(DOGE)のまとめ

以上、ドージコインについて説明してみました。やはりドージコインは発行上限が無く、普及すればするほどトレーダー達にとっても魅力的な仮想通貨だと思います。

Elon Musk bought Twitter. Here's what he says he'll do next

特に2022年4月現在、あのイーロン・マスクはTwitterを買収しました。真の言論の自由を実現するためにTwitterの買収に踏み切ったようですが、ドージコインにも触れています。

まずTwitter社を上場廃止にするようです。言論の自由を実現するのに株主の声など聞いていては実現不可能です。また現在Twitterの収益はその90%が広告収益に頼ったもので、その比率をもう少し下げ有料課金の比率を上げることができれば言論の自由を実現できるだろうと。

具体的には現在米国やカナダで展開している、広告無しやツイートの取り消し機能などを盛り込んだ2.99ドル(381円)の定額制サービス・Twitter Blueの値段を下げて、もっと全世界的に普及されることにより、言論の自由を担保するプラットフォームを実現したいようです。もちろんこれは、全面有料化ではなく、あくまで定額制サービスのみの話です。

そのTwitter Blueの支払いにドージコインを使えるようにすべきだともマスクは言ってるんですね。その関係で最近のマスクのTwitter買収を受け、仮想通貨市場はそれを好材料と判断しドージコインの価格も急騰しました。

クジラ(大口投資家)の存在も気になりますし機能面では、それほど優れた通貨ではないドージコインですが、Redditの他にTwitterでも使われるようになったら、今後どうなっていくのか、まるで検討もつきません。今後の動きに注視したい通貨だと思います。


仮想通貨

ADA OMG XLM LTC ETH XRP BTC DOGE DOT USDC

関連記事

仮想通貨におけるPoSとは何か?

仮想通貨におけるハッキングについて

仮想通貨のホワイトペーパーとは何か?

仮想通貨のホワイトリストとは何か?その登録通貨一覧についても紹介します

仮想通貨ウォレットのおすすめや、種類や仕組みまで解説します

トレザー(TREZOR) のハードウェアウォレットについて紹介します。

レジャーナノ(Ledger Nano)のハードウェアウォレットについて紹介します。

ハードウェアウォレットとは何か?

ペーパーウォレットとは何か?

コールドウォレットとは何か?

スポンサーリンク

ホットウォレットとは何だろう?

ウェブウォレットとは何か?

デスクトップウォレットとは何か?

モバイルウォレットとは何か?

【仮想通貨】公開鍵と秘密鍵の関係について

公開鍵暗号方式の仕組みについて

シードフレーズとは何か??

仮想通貨におけるショート(空売り)とは何か?

MT5とは何か?MT5が使える仮想通貨取引所も、ご紹介します

仮想通貨・初心者向けガイド~仮想通貨投資のやり方を解説します

仮想通貨におけるファンダメンタルズ分析について解説します

仮想通貨・短期トレードの特徴と具体的な始め方について解説します

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。